suna8’s blog

還暦を過ぎたジジーの普通の日記

またまた悲しい訃報

先週、訃報の日記を連続で書いたが、今週も書くことになってしまった。中日新聞の訃報欄(欄という形にはなっていないが特定のページ、第2社会面の左下が定位置)に、また知っている人名やキーワードを見つけてしまった。

f:id:suna8com:20211225093325j:plain

 

古谷三敏さん

漫画家、享年85。「ダメおやじ」「レモンハート」が代表作で、昭和な時代は「ダメおやじ」が流行っていた記憶があるし、「レモンハート」のほうは深夜枠のドラマが好きで、YouTubeにもアップされていたりで繰り返し観ていた(今でも時々観ている)。

特に紫吹淳さんが登場するシーズン1の第2回『150分の1のプロポーズ』がお気に入りで、このシリーズの中でも最も繰り返し観ている。

youtu.be

実を言うと紫吹淳さんは、このドラマを観るまではあまり興味がなかったのだが、これを観て以来、他の番組などに出ているとつい注目してしまうようになった。

古谷三敏さんの原作漫画の方は1冊買って読んでみたが、ドラマ程はハマらなかった。ドラマの方の出来が良すぎたのかも知れない。最近、AmazonPrimeVideoにも登場し、結局、再度全話観てしまったほどである。

www.amazon.co.jp

 

鈴木淳さん

作曲家、本名は藤田順二郎、享年87。正直言ってこの方の名前は存じ上げなかったが、訃報記事のタイトルが「小指の想い出」となっており、その歌は知っていたのでなるほどと思った次第である。

youtu.be

なんとも昭和なメロディーで、じっくり聴いていると過去にタイムスリップしてしまう。1967年に作られた歌ということで、私自身はその時は小学生だったので歌詞自体の意味は理解できなかっただろうし興味もわかなかった。でもその後、TVの歌番組などで繰り返し放送され耳タコ状態になった。ただ、この歌にリンクする記憶はなさそうで、今聞いても当時のことは何も思い出されない。思い出とリンクする歌が出てくるのは、もう少し後になってからで、歌絡みで1番古い記憶はおそらくカーペンターズだと思う。

youtu.be

1973年リリースの『Yesterday Once More』は、ラジオから流れて来て思わずレコード店に行って中古のレコードを買った記憶がある。中学生だった私は小遣いが少なくてとても新品のレコードは買えなかった。(当時のシングルレコードの定価は500円前後だったと思うが)

『Yesterday Once More』と言えば、今年、知ったのが我が永遠のアイドルである太田裕美さんも歌っていることだ。彼女の歌は初期のころを中心に聴きまくっていて、最新の情報はアップデートしていなかった。偶然、AmazonMusicで検索したら彼女がこの歌をカバーしていることを知り、それ以降リピート再生している。

youtu.be

サビの一部以外は歌詞がすべて日本語になっているので最初は違和感があったが、聴いているうちに心地よくなるようになった。

music.amazon.co.jp

 

以上。