suna8’s blog

還暦を過ぎたジジーの普通の日記

刑事コロンボ#15「溶ける糸」

原題:A Stitch in Crime(直訳:犯罪の縫い目)

日本語版:1974年 NHK総合

 
【今回の小ネタ】
 
☆"ミスター・スポック”の登場
今回の目玉はなんと言っても、犯人役である(ミスター・スポックこと)レナード・ニモイだ。スタートレック宇宙大作戦)の一連の作品に主役級として登場し、その外観や話し方の特徴から、人々の記憶にしっかりと刻み込まれている名優である。惜しくも2015年に他界したが、晩年までずっと活躍していた。

f:id:suna8com:20200711101115j:plain

ニモイのファーストネームLEONARD”は、通常レナードと発音するが、改めて調べてみるとなかなか興味深いことが分かった。
レナード (Leonard) は、英語の男性名および姓。イタリア語やポルトガル語のレオナルドに相当する。英語の通常の読みでは「レナード」が近く、「レオナード」ではないが誤ってこのようにカナ表記されることもある。
Wikipediaより抜粋引用)
また、下記のようなブランド名にもなっており、発音も異なる。
さらに、Leonardo Wilhelm DiCaprio(レオナルド・デカプリオ)や、Leonardo da Vinciレオナルド・ダ・ヴィンチ)なども似た綴りなのでややこしい。

 

☆ニモイ扮する犯人役のファッション

医者が犯人ということで白衣や青い手術着のシーンも多いが、実は様々な種類のスーツを着たシーンも気になる点である。しかも、途中までは上着は着替えるが、シャツはずっと同じものを着ているのである。また、ネクタイは適宜、替えているようで、なかなかのオシャレとも言えるが、シャツのバリエーションはないのかが気になった。

f:id:suna8com:20200711160010j:plain

 途中、カジュアル・ファッションのシーンもあるが、やはりスーツ姿が似合っているように思う。あくまで個人的な意見ではあるが。

f:id:suna8com:20200711160025j:plain

 そして、最後のほうで、やっとシャツも別のものに着替えているのである。

☆様々な手術用の機器

今回は病院内、しかも手術室でのシーンがメインなので、外科手術に使用されるであろう様々な機器が登場する。専門外なので何がどんな機能を持っているかは分かりかねるが、大きく分けて人工心肺などの外科手術用と計測機器に分かれるだろう。

f:id:suna8com:20200711160046j:plain

着目したのは血圧や心拍数などを計測する機器の古さだ。

f:id:suna8com:20200711160107j:plain

今なら測定器はデジタル装置になっているはずで、でもコロンボの時代では外観がかなりレトロな感じなのだ。特に数値の表示部分が、今では見ることのないニキシー管になっていて、思わず見入ってしまった。上記の写真では上の機器がニキシー管を、下の機器では今でも使用されている蛍光表示管(FL)を採用しているようである。

f:id:suna8com:20200711165106g:plain

ニキシー管は特殊な構造をしている

ニキシー管で思い出すのが、面妖なディズニー映画『トゥモローランド』だ。作品の中で特徴的に使われており、印象に残る。

以上。