suna8’s blog

還暦を過ぎたジジーの普通の日記

刑事コロンボ#11「悪の温室」

題:The Greenhouse Jungle(直訳:温室ジャングル
日本語版:1974年 NHK総合

 
【今回の小ネタ】
 
☆1鉢1200ドル(!?)のランの鉢植え
今回、タイトルが『悪の温室』だけに温室のシーンが多いが、更に目立つのがランなどの花を前景に入れたシーンがやたら多いこと。ちょっと不自然すぎるくらいだ。余程、TVにランの花を登場させて、自慢でもしたかったのか。それとも、小道具として「1鉢1200ドルの花」を借りたので、レンタル料の元を取ろうとしたのではないかと穿ってしまう。

f:id:suna8com:20200612024708j:plain

 
☆犯人の車について

 前回のエピソード『黒のエチュード』で犯人が乗っていた(最初は奥さんが運転していた)車と、今回の車が同じに見えたので、「また使いまわしか」と思って比較写真を作ったところ、フロント周りが微妙に違うので再確認すると、車種違いと分かった。

・黒のエチュードーーーロールス・ロイス・シルヴァークラウド(写真上)
・悪の温室(今回)ーーーベントレー・Sタイプ(写真下)

Wikipedia内の解説でも”兄弟車”ということで、似ているはずだ。前回の日記も訂正しておいた。

f:id:suna8com:20200612023338j:plain

 

☆警察無線を傍受できるの?

 犯人たちは警察の無線をラジオで傍受していた。でも、画面に映っているトランジスタラジオ(死語)は、一般のものだ。昔はアナログ無線でラジオでも聴けたらしいが、こんな何の変哲もないAMラジオでは、周波数が合わず傍受は無理だと思う。

f:id:suna8com:20200612030351j:plain

 
☆もったいない被害者の車
犯人たちが事故を装って、被害者の所有する黄色いジャガーを崖から突き落とすわけだが、崖下に落ちた時にはバンパーは無事だった。ところが翌日の警察の現場検証では、いかにもスクラップ置き場から持ってきたような、バンパーもライトもガラスもないボロボロの車だった。

f:id:suna8com:20200612032006j:plain


コロンボが崖から転がり落ちるシーン
崖下の現場に行くために急な斜面を降りるシーンで、コロンボは”素”で転げ落ちるわけだが(演技とは思えないしスタントでもない)、この時は葉巻をしっかりと持っていた。しかし、その後のシーンに切り替わった瞬間、手には何も持っていなかった。まあ、このことはどうでもいいが、ピーター・フォークは大丈夫だったのだろうか?
 
☆殺人事件じゃないのに初めからコロンボが捜査に
最初は(狂言)誘拐事件で、殺人の気配は全くなかったのだが、例によって殺人課のコロンボが、最初から捜査に加わって犯人にまとわりついている。番組構成上しょうがないが今回はかなり不自然で、殺人と決まった(死体発見の第一報)のが、何と始まってから44分後であった。
 
☆初めての部下の登場
相棒としては前回のエピソードで”ドッグ”が登場するが、人間の”相棒”はこれまでいなかった。今回、初めて部下が登場(上司の指示で捜査に同行)するわけだが、何となく『古畑任三郎』に出てきた西園寺にイメージがかぶる(ボケ役の今泉ではなく)。
 
☆久々に登場したチリ
コロンボの定番ファストフード(?)の『チリ』(チリコンカーン)が久々に登場したが、今回は”豆抜き”を注文、よく見ると確かに汁っぽい。美味しいのか?

f:id:suna8com:20200612035506j:plain

 
☆今回の気になる小道具たち
毎回、小道具が気になるのは、きっと、50年ほど前の時代のものだから、という理由もあると思う。
・金属探知機ーーーいかにもなデザインで原理や基本デザインは今も同じか?
・望遠レンズ付きカメラーーーなんと夜間撮影対応でグリップも付いている本格派
・目覚まし時計ーーー変な動くアームが付いているが機能が不明
・撮影用ビールーーー何となくバドワイザーっぽいが「Beer」と印刷されている

f:id:suna8com:20200612035223j:plain

☆さすが花マニアの犯人の腕
コロンボが自宅から持ってきた”カミさん”の『アフリカ(ン)バイオレット』。ひどい状態だったが、なんと事件解決までに犯人がそれを見ごとに復活させている。素晴らしい。

f:id:suna8com:20200612035447j:plain

以上。